• インプラント
  • 審美歯科
  • 訪問歯科診療
  • 予防歯科

精密根幹治療

精密根幹治療の必要性

どんな治療をしているの?

歯の歯髄組織は、細い管の中に血管や神経繊維などが集まった組織で、迷路のような複雑な形をしています。
初回治療(抜髄)では成功率は95%ぐらいと言われていますが、再根管治療(感染根管治療)の場合、条件により、60~80%程度と言われています。

時間がかかる理由

わずか1mm以下の根管の中の細菌をしっかり除去し再発しないように薬を詰めるには洗浄、消毒に時間と回数が必要となります。

root-t01

根管治療の流れ

flow1

1.ストレートラインアクセス

根管孔付近に張り出した象牙質を器具で除去し、ファイルが真っ直ぐに入るように根管内を形成します。

flow2

2.ネゴシエイション、穿通

#10等のハンドファイルで根管の探索(ネゴシエイション)、穿通を行います。

flow3

3.グライドパス

#15のハンドファイルまたはプログライダー等で根管孔から根尖方向へファイルを正しく追従させるためのグライドパス(誘導路)を形成します。

4.根管拡大形成

flow4

5.根管充填

flow5

将来の根管治療

日本ではまだ使われておりませんが、すでに海外では機械的な清掃拡大ではなく、超音波と化学的清掃により現在清掃不可能な細い側枝まで清掃消毒する装置が用いられています。
現在当院では日本で初の歯内治療機器の導入に向けて研修を進めております。近い将来さらに成功率を向上させることが可能になります。

root-t07

またエンドスコープ(内視鏡)を用いた歯内療法も行われています。

PAGE TOP